1. 無料アクセス解析
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-07-18 (Sat)
世論の反対の割合が多い時事4点

①国立競技場

②安保法制

③原発再稼働

④嘉手納基地移転

あれだけ反対運動が目に見えて行われている3つには強行姿勢のピッチャーあべも
さすがに直球のごり押しやこて先でのデザイン変更では通用しないと悟ったか
急きょ180度方針転換で白紙ゼロベース!
新国立2   白紙
出典www.i-mezzo.net

信望する建築界の大御所 槇文彦 の提言の耳を傾けるか?

高校時代、”国立をめざして”を合言葉に汗したサッカーの聖地

建てるコストも運用していくコストもみな国民負担!!!

”牡蠣見たいで好きではなかった”とメンツをつぶされたどこかの元首相にいわせ
”朝令暮改するな”と都知事をしていわしめる

「コストが予定より大幅に膨らみ、国民、アスリートからも大きな批判があった。このままでは、みんなで祝福できる大会にすることは困難だと判断した」
と最後の最後に涼しい顔で いけしゃあしゃあ と会見する言葉には「私の判断は正しい なぜなら私は首相だから」とうそぶく姿勢がありありと見える

まさに”巧言令色鮮し仁”の論語がぴったり(近い過去にハトさん首相もそんな感じで最後は総スカン!)

言葉がすべるように出てくる裏には何かあると庶民はとうの昔に気づいている!

硬軟織り交ぜる変則投球に惑わされないようしっかと目をあけて監督しよう!

ピッチャー含め選手交代の権限は監督である国民の手の中です!

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。