1. 無料アクセス解析
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-06-29 (Mon)
週末の午後少年サッカーを終えて毎年恒例の「住まいの耐震博覧会」にのこのこ出かけてみれば
数ある展示品の中でひときわ目を引いたのがこれ

DSC_0030.jpg 
+クリックで拡大
桧で作った直径2mはあろうかという風呂桶
もちろん一つの原木からくりぬいたものではなく、よく見ると接着面が見えるけど驚いたのはその値段
12000000円 写真をよく見ると一桁違うわけではなく金1200万円と明記してあるのにはびっくり

だれも買わないことを予想しての値段か はたまたその上を行くもの好きがいるか

こちらもすごい
希少価値のあるブランド”木曽ひのき”の8寸(24cm)角の四方無節通し柱(長さ6m)
さてそのお値段は・・・・
御名算! 一金120万円也

DSC_0025.jpg 
+クリックで拡大
山から切り出し、用途に応じて製材・加工して市場に出すとこの値段か?

DSC_0033.jpg 
+クリックで拡大
多少節があっても普通の4寸角の桧通し柱なら15000円程で買えます。(程度によります)

昔のコーヒーの宣伝のごとく違いの分かる男でないと手が出ません!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。