1. 無料アクセス解析
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年06月05日 (金) | 編集 |
何やら禅問答のようなタイトルは

遠州(静岡西部)にある龍潭寺(りょうたんじ)の小堀遠州作の庭

得意の用事の前の道草で、作戦を練って早朝出向けば
涼風と目にも鮮やかな新緑と躑躅(つつじ)が咲き乱れる一番の季節

誰はばかることなく着座して一人じっくり眺めれば録音された庭の説明が流れ
”ふ~ん そんなものかな~?”と半信半疑

DSC04991.jpg 

DSC05001.jpg 

その昔、規模と奥行で圧倒された出雲 足立美術館の庭とは一味違う禅の庭

その滋味に心底 得心が得られていないのはまだまだ尻が青いということか

庭横にひっそり佇む 大切な 観音菩薩(だと思うけど)様が笑っていました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。